スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

discrimination

エライ熱い日が続いて、親の体調が気になる年頃になりました

私が青春真っ只中のころ、部活中に水分補給なんてさせてもらえませんでした
でも、今となっちゃぁ、どんどこ水分補給をしなさいってことになってる
水分補給なくして、スポーツはできませんからね

しかし、これからも地球温暖化は進んでいくんですかね
体温より高い気温って
なんじゃそりゃぁ~~~

ハァハァハァ・・・
気を取り直して、久しぶりにドラマに戻ります

Season4 ep7 Lesson Number One 彼女たちの教訓

久しぶりにドラマの内容に戻るんだけど、たまには真面目な話題でも

Shayが友達を殴って、先生に呼び出されているShane

殴った原因は、ゲイと呼ばれたから・・・
友達がそういった理由は親がレズビアンだからだとか・・・


s4-7 school

P:His mom saw us what? 何を見たって?
Shay:...
P:Jared? ジャレド?
J:She said she saw you and Ms.McCutchen lezzing out together.
ママとマッカチョンさんがイチャイチャしてるのを見たって
Shay:That's when I punched him. だから殴った
P:Good for you,Shay. よくやったわ

そこで校長先生、暴力を助長するのは・・・などとおっしゃられ
Paigeも負けてはおりません!

P:Mr.Petersen, when parents give their children the message that it's okay to persecute others, I for one, don't disagree with the way our kids handled it.
That doesn't make it okay that they said those things.

校長先生 親が子供に何か吹き込んで、 人を差別するようなマネさせたんです
この子たちのやったことは間違っていないと思うわ
ゲイが差別されること自体がおかしいの

でも、校長先生が解決策としてShay達に謝らせることを提案するんだけど
ここでも、Paigeは黙ってません

P:I think that the other boys should apologize to Shay and Jared, and then to the whole school.
You have to let these kids know that you will not tolerate the use of the word "gay" as an insult.

悪口を言った子の方がShayJaredに謝るべきよ
それに学校も、ゲイという言葉について、悪口に使っちゃいけないって子供たちに教えてくれないと

校長先生・・・『公立学校では云々・・・』

さらに、黙ってないPaige
No, you know what your job is?
It's to help form them into decent human beings.

あなた方の仕事はね、立派な人間に育てることよ

Paigeさん、Good job

まぁ、そんなこんなで、なぜだかこんなことに・・・


s4-7 school2

先生:So now we're going to talk about tolerance.
それじゃあ次は、寛容性について
So, when somebody's different from you because of their race, or their culture, or their religion, or their sexual orientation, you treat that person with respect.
たとえ自分と違う人種でも文化でも宗教でもまたは性的趣向が違っても相手を尊重すること

相手を尊重すること!
これって、差別をしない・していないってだけではだめだと思う
そこで起こっている差別を知ること
そして、その差別はダメなんだと感じること

これって、去年、たまたま人権の研修に参加したときの言葉

見て見ぬふりをしてはいけない
その見て見ぬふりも差別してることと変わりはないんだよ・・・と

これにはガツンと頭をどつかれた
自分は、差別なんかしていない・・・なんて思ってたけど
どちらかというと、知らない世界・知らなくていい世界だった
たいへんだなぁ・・・と無意識のうちに、他人ごとだと思っていた
無意識って一番怖い・・・

この世の中、やっぱいいことばっかじゃなくって
そういった差別は世界中である
こうして、無邪気で、のびのび育ってるはずの子供の世界にまで

私が生きてる間になくなることはないだろう・・・
けど、希望は捨てないで少しでも訴えていきたい
小さなことからコツコツと

最近、その一歩が大切だと思えてきた


その後のシーンで、Shane

s4-7 shay s4-7 shane


『誰かを大切に想うことが、ずっと怖かった』

Shayを愛して面倒をみることが、人生で一番素晴らしくて、私には大切なこと
何よりもかけがえのないことだよ』

Shane泣かしてくれるぜ!!!!

でも、愛する人がいる日常ってのは楽しいもんだと思う
怖がらずに飛び込めばなるようになるし
人と深く繋がることで、たくさんたくさん成長できると思う

もちろん、愛せば愛すほど傷つくこともあるだろう
・・・けど、それ以上の喜びもあるような気がする

まぁ、Kateとは違い、浮き名も流せない、恋愛経験の少ないワタクシmoennigですから
えらそうなことは言えませんが

地球規模でLOVEを発信していきたいです
↑さらに大きなこと言っとるやないか


まぁ、このepではPaigeもなかなかようやった感があって、高感度のはずが
最後の最後で、ヤリよった

『私たち、もうずいぶん時間もかけたことだし、そろそろいいんじゃない?』
ってPaige、オイ!!

でもって、ShaneってばYeahって・・・

アカン
ここは、もちろん写真はナシよ










スポンサーサイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。